おしゃれは、女性患者との会話のネタになる!

 看護の仕事中におしゃれに気を取られて、職務を果たせないようでは問題があります。
その場合、看護の仕事の本分を思い出して仕事に専念しなければなりません。
しかし、必ずしも看護師の仕事でおしゃれがマイナスの要因になるとは限らないケースもあります。
上手に活用すれば、むしろ医療活動にとってプラスの効果を発揮します。

 例えば、医療施設を利用している患者とのコミュニケーションは、看護の仕事で重要なテーマの一つです。
しかし、人とコミュニケーションを交わすためのきっかけ作りは簡単ではないという問題があります。
そこで、相手が女性の患者であれば、おしゃれを話題作りのきっかけとしてコミュニケーションを図るのもテクニックのうちです。

 ファッションに関心を持つ女性は多く、共通して関心がある話題に挙げることができます。
これまで医師や看護師に心を開かなかった患者も、ファッションに関する話題をきっかけにしてコミュニケーションを取るチャンスを掴むことが出来る可能性はあります。
そのため、ファッションに関する知識は、患者との会話のネタとして活かせるでしょう。

 このように、ファッションの話題をコミュニケーションのきっかけにする時には、最新のファッションについて常日頃から情報収集をしておくと役に立ちます。
未成年の若い女性患者とも話が合うよう、ファッションに関する新しい情報に詳しくなっておくと、幅広い年齢層の患者たちとのコミュニケーションが可能になるかもしれません。