病院でおしゃれができるのかという問題

女性看護師は、自由におしゃれをすることもできない場合が多いです。
一般のOLなら、派手なネイルをしても仕事をすることができる場合もあるでしょう。
事務仕事なら顧客や取引先の相手と顔を合わせることもありませんから、ある程度のおしゃれは許されています。
ネイルをしていてもパソコン仕事なら十分にこなしていけるので、さほど問題はありません。

その他にも、髪の色を自由に変更したり、制服がない職場なら、洋服に凝ってみたりということもできるでしょう。
基本的に業務の邪魔にならないおしゃれなら、職場の上司や同僚も認めてくれるケースがほとんどです。

ただし、看護師の場合は爪を伸ばすことも許されない場合が多いはずです。
なぜなら、看護師は直接手で患者さんの体に触れる機会が多いからです。
爪を伸ばしていると、患者さんの体を傷つけてしまう恐れが出てきます。
また、注射等の日常的な仕事も、指先の細かいコントロールが求められます。
万が一、失敗をすると大変なことになるので、爪を伸ばしにくい環境なのです。

そのため、ネイルサロンに行って派手な飾り付けをしてもらうこともできない場合がほとんどです。
プライベートな時間なら問題はありませんが、仕事に入るときにはすべて外さなければなりません。
他にも、ナース服は白を基調にしたものが多いので、派手な下着を付けることも難しくなります。
ナースシューズやナース帽も病院が指定しているケースが多く、それ以外のものを着用することは難しいでしょう。
ですから、看護師の場合は、勤務中におしゃれを楽しむことは基本的にはできないと考えて、通勤用の服や人目につかないペディキュアなどで楽しむようにするべきです。
雑誌以外にもWeb上には、羽目を外さない通勤コーデやセンス良く見せるコーデを取り上げた参考になるサイトがあるので、ぜひチェックしてみてくださいね!